メタボ予防

平成20年の4月からメタボ検診が開始したことで検診の対象年齢である40歳から74歳の人はもちろん、そうではない人も生活習慣病を予防するため、健康維持のためにメタボの予防と対策をすることがとても重要なこととなってきています。では具体的にどのようなことに気をつけていけば良いのか考えてみましょう。。

メタボを予防するために大切な事、基本となることはやはり食事です。
食生活において次の点に注意して食事を摂りましょう。
メタボ対策では、肉を中心にした食生活は避けたほうが良いです。肉中心の食生活になると脂肪を摂りすぎる等のリスクが高くなります。しかし、肉を食べてはいけないという事ではありません。適量なら食べて良いですので食べ過ぎないように気をつけましょう。

次にインスタント食品を中心にした食生活も控えましょう。インスタント食品は塩分が多い、脂質も多いのでメタボになりやすいです。どうしても時間が無いとかでインスタントに頼らざる得ないこともあるかと思いますができるだけ避けるようにして下さい。
そしてファーストフードやお菓子、スイーツの食べ過ぎも注意が必要です。糖質を多く摂取してしまうので糖尿病のリスクも高くなります。
糖分や塩分を過剰に摂取することや暴飲暴食をすることなどもやめましょう。

メタボ改善、メタボ対策に良いとされている食生活は、塩分に注意して和食を中心にして食べるとことです。

魚介類や野菜、海藻類、大豆製品を中心とした食生活だとメタボ改善にとても良いです。理由としては、ケイ素が入っているからです。このケイ素たっぷりと取りましょう。ただし野菜を食べるときにドレッシングには注意しましょう。ドレッシングは油を多く使用しているものもあります。かけすぎると塩分を過剰摂取するだけでなく、油分も摂取していまいます。
魚に関しては、脂がたくさんのっているものは食べすぎに注意をしてください。

食事は規則正しい時間に食べるのが良いです。寝る前に食べる等は避けましょう。ゆっくり噛むことで満腹感も得られます。
飲み物は水やお茶にしましょう。

メタボ改善のために良い食生活を送ることができれば、ここに運動を取り入れるだけで、かなり改善されます。
しかしあまりにも意識しずぎて偏った食生活になってしまうケースもありますので、あくまでもバランスよく食べるということを念頭に置いてください。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です