wasamofu のすべての投稿

恋愛心理学から男心をうまく見抜く

男心とはなんでしょうか?男心という言葉自体は聞いたことがあるが、結局のところ何をさすのかまったくわからない。という人もいるでしょう。しかし、男心をきちんと理解している人と、していない人との間には、大きな違いがあるのです。

よく言われていることですが、基本的に男の人は、狩猟気質を持っているものです。太古からずっと変わらず、男の人は食べるものを狩りに行き、それを家で待っている女性に持ち帰り、自分の役割を認識し、満足をえるのです。恋愛においても同じことが言えるのです。だから男の人を追いかけるだけではなく、追いかけてもらえるようにすることは基本なのです。

そして、きちんとほめること。男の人は単純です。好きな人にただ、偉いね。すごいね。と言われるだけでも満足するのです。自分がしたことに対して評価をもらい、喜んでもらえているという満足感が心をみたし、この人のために、俺はがんばるのだ。という気持ちにさせなくてはいけない。
だから女性は、きちんと男性をほめる。認めてあげる。ということは忘れてはいけないことなのです。

恋愛心理学、男心なんて、くそくらえ。ありのままの自分を愛してくれて、ありのままのあなたを愛するのだと思っている方もいるでしょう。もちろん、嘘をつく必要もないし、自分を出せるということは素敵なことです。ただ、こうすれば喜んでもらえるんだということを知って、自分といると、幸せだなと思ってもらえることは、素敵な恋愛につながっていくことなのです。

男の人をたくさんほめましょう。そして、素敵な恋をしましょう。

通信制限をどうにかして回避してみる

スマートフォンは便利だ。インターネットに常時接続されているので、メールやLINEなどのやりとり、WebブラウジングやYouTubeなどの再生が外出先でできる時代になったのだ。

しかし悩ましいのはパケット通信制限の問題。一般的なドコモやauなどの料金プランでは1ヶ月で7GBを超えた場合、128kbpsに速度を通信制限を実施している。また、SIMフリー端末を購入して、いわゆる “格安SIM” を利用した場合、1ヶ月2GBまでしか使えないということもある。

便利なスマートフォンだが、通信制限を少しでも回避してみたい。インターネットで見つけたのが、「少しの不便でパケ代を節約できる」ブラウザ。インターネットで画像の多いサイトを見ることが多いため、早速インストールしてみたが、早速パケット通信量をうまく削減することができた。パケ代節約アプリはこちら

TM建築防災合同会社

アパートのオーナー様やビル管理会社様、1つのテナント様から、大規模複合施設まで。防火対象物点検・防災管理点検など、消防設備・建築定期調査・検査のことは、TM建築防災にお任せ下さい。

現在首都圏では2020年の東京オリンピックに向け、大規模地震対策や、優良防火対象物認定表示制度、ホテルや旅館等への表示マークなどを推進しております。弊社では、消防署への申請や代行業務など、
経験豊富な専門技術スタッフが現場の状況に合わせて「安心・安全」を実現致します!.

また、消防設備点検や改修工事、連結送水管耐圧試験、建築設備検査、特殊建築物調査など、同日点検を行うことで、手配の煩わしさをカット、更に大幅な値引が可能です。.

弊社では現場の声を大事にし、法令遵守・マナー対応・コストダウンに向け、さまざまな方法でお客様の為にベストなアドバイスを致します。.
行政より改修(計画)報告の通知書が来たなど、お困り事やお悩みなどございましたら「TM建築防災合同会社」へお気軽にご相談下さい!

川崎市の新築分譲マンション ゼクシア川崎

私は川崎が好きだ。というのも、今住んでいる春日部という街と比較して、東京都内に30分・横浜まで15分程度で行ける川崎には非常に魅力を感じている。それなら、東京都内・横浜のマンションに住めよ、と言われそうだが、ラゾーナ川崎などの手頃なサイズの商業施設が豊富な川崎には住んでみたいと一度は思っている。

たまたま見かけた川崎市新築分譲マンション。せっかく購入するのだから新築がいい!海外出張や旅行も多いため、京急川崎駅から9分で羽田空港に行けることには魅力を感じる。また、通勤先は新橋のため、京浜東北線で13分で行ける点については、現在、春日部から1時間近く通っているのも踏まえると、購入するのが良いと思ってきた。

今まで新築マンションを購入するにはとてもハードルが高かったが、給料が安定してきた今、買わないと損しそうだと思っている。40代になってから購入するよりかは、老後に考えられるローンの負担を少しでも抑えられるのではないか。

今度時間を見つけて、川崎市の新築分譲マンションのショールームに行きたいと思う。

オマヌケな静脈認証システム

嫁が買い物から帰ってくるなり、ワーワー言っている。理由を聞いてみると、銀行のATMがちゃんと動いてくれなかったらしい。嫁の銀行のキャッシュカードは、暗証番号だけではなく静脈認証システムにも登録している。どうやら、そいつが徹底的に拒否してくれたらしいのだ。嫁はカンカンである。どうも今日はいつもとは違うスーパーマーケットに買い物に行ったらしい。そこで使ったATMが少々オマヌケだった様である。いつもは、スムーズに済むらしいのだが。静脈認証システムか。私はあまり機械を信用していないので、まだ登録していない。こういうことが図らずも起こってしまうことを危惧してのことである。本当に現金が必要な時に、たまたまオマヌケなATMしかなかったら、自分の金が下ろせないのだぞ。冗談ではない。セキュリティも結構だが、面倒が増えるのはいただけない。嫁が入院したら、嫁の口座は休眠してしまうわけか。少なくとも、入院保険は嫁の口座に振り込まれることになるわけで、不便きわまりない。ヒューマンキッズロボット教室にいってこないで静脈認証システムでない他行のATMからも引き出せないのか。調べておかないといけなかったな。何にしても、まだまだ若い技術だということだ。

復縁するには向き合えるまで冷却期間を設ける

恋人と別れてしまった後、その人への想いが大きければ大きいほど早く復縁したいと思いがちですが、そんなに焦ってはうまくいくものもうまくいきません。再び恋人の愛情を取り戻すためには、感情に任せてがむしゃらになるのではなく時間をおくことです。復縁のための冷却期間は、実はとても大切なのです。ここでは、復縁の冷却期間について考えていきましょう。

元恋人と再び連絡を取るまでには、どれくらいの長さが要るのでしょうか。その答えは人それぞれなので「こうだ!」と決めつけることはできません。しかしながら、目安になることはあります。それは、恋人のことを思い出して不快な気持ちにならなくなった頃です。もし不快な気持ちばかりこみあげてくるなら、まだ冷却期間は終わったといえません。

恋人のことを、怒りや悲しみという感情から切り離して落ち着いて考えることができるようになったら、冷却期間も終わりに近づいている証拠です。復縁したいあまり感情的になるのは逆効果なので、まずは気持ちを静めることが大切なのです。落ち着いた状態になれば恋人に対して責めたりすることもなくなり、冷静に復縁について話し合うことができるはずです。

復縁に際しては、まずは相手の良かったところや、おつきあいしてくれたことに対する感謝の言葉を述べましょう。それから、「もしよければ」とごく控えめに復縁の申し出をしてみてください。押しつけがましさを捨て、謙虚な姿勢になることがポイントです。そうすればきっと恋人もあなたを見直し、復縁について前向きに考えてくれるかもしれません。