プログラマーって何をするの?

プログラマーは、インターネットなどWebサービスやスタンドアロン(インターネットにつながっていない状態)でパソコンやスマートフォンなどで動作するソフトを作ることが仕事です。

プログラマーといっても、幅広い業種で、ゲームなどを作るゲームプログラマー、Webサービスを構築するWebプログラマーなどがいます。

まずはプログラミングしたいことに対して適切で必要なスキルを身につけることが重要です。

Web開発のできる技術者は現状、ずっと不足していることもあって常にいろんな企業から求人が出ています。

新しい技術でもあるため、まだまだ絶対数が少なく、そして、Webは企業にとって欠かせないツールであることから需要が多く満たされていない状態です。

プログラマー、と聞くととても難しい難解な仕事をしているようなイメージかもしれませんが、決してそうではありません。一部の天才しかできないといったような仕事というわけでもありません。

Webを使われてお分かりと思いますが、おおよそどこのサイトでも決まったような技術を使っています。
アップロードや、書き込み、決済はどなたでも使われていることと思います。

開発する内容としても、おおよそ決まっていることしかやりません。
既存の技術をいろいろ使って、仕様通りのものにしていくという作業なのです。

ですから、一通り学んでしまえば、たいていのことはできるようになります。

Web開発のできるプログラマーはとても重宝されていますし、これからはますます、重宝されるようになることでしょう。
今のうちに、Web技術を学んでプログラマーに転身するのも良いかと思います。

収入も良いため、おすすめですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です