不動産価格の決め方と価格交渉

家などの不動産の価値は、その家を建ててからの年数と物件の状態、家の周りのスーパーやコンビニなどの利便性などが関連してきます。太陽光パネルがついていたりなど、リフォームの際に追加をされていれば、その分の価値も加味して家の価格が決定されていきます。

土地の売却価格を上げるためには、土地は売らずに家だけ売ることや、土地も込みの価格にするなどの工夫も必要です。

しかし、新築一戸建ては値引きなしの対応が一般的です。新築でも、周りの生活環境が変わってきたり、掛けたお金を回収する目的などもあって価格が安くなることはありません。

中古住宅の場合は値引きも検討しないと全く買い手がつかないということもあるので、価格の設定は柔軟にする必要もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です