黒にんにく

にんにくを発酵・熟成させた食品、それが黒にんにくです。免疫力を上げたりコレステロール低下作用があって、健康に良いと注目されています。

黒にんにくは、にんにくなのに臭くなくフルーティな味で、にんにくの臭いが苦手な方でも食べられます。

そんな黒にんにくは買うと高価です。でも実は、時間は少々かかりますが、自宅で作ることも可能です。

【自宅で黒にんにくを作る方法】
[材料]
・にんにく・・・適量(大玉にんにくの場合、3合炊き:約6個、5合炊き:約10個)
・酢・・・適量(にんにくが漬かる程度)

[用意するもの]
・炊飯器
・竹ざる
・ガーゼ

[作り方]
1. にんにくを酢に漬ける
にんにくを炊飯器に入れ、酢をひたひたに注ぎます。その状態で1日置きます。1日漬けたら、酢からにんにくを取り出し、半日~1日外で干します。

2. にんにくを炊飯器に入れて発酵させる
焦げ付き防止のために炊飯器の釜の底に竹ざるを敷きます。そこに、干したにんにくを詰め込み、上からガーゼをかけます。ガーゼをかけることで、むらなく発酵が進みます。

蓋をして保温スイッチを入れ、10日~2週間程そのままにしておきます。最初の1週間は、1日1回、にんにくの上下をひっくり返してください。

3. 発酵させたにんにくを乾燥させる
にんにくの皮をむいてみて、黒くねっとりした状態になっていたら出来上がり!さらに外で1日干してから保存します。

常温保存で約1か月食べられます。もっと日持ちさせたい場合は保存バッグに入れて、冷蔵庫で保管します。

【にんにくを選ぶ時のポイント】
熱を加えて発酵させる際に粒が小さくなってしまいます。そのため、ひと粒が大きめのものを選びましょう。

また、粒の大きさが揃っていると、発酵スピードが同等になって仕上がりが良くなります。

【臭い対策】
最初の数日間は強烈な臭いが立ち込めます。事前に酢に一日漬けてから作る、料理酒をかけて一日置いてから作る、という方法で臭いを少なくすることができます。

【注意するポイント】
・炊飯器の底に竹ざるを敷くのは必須(焦げ付き防止)
・皮は剥かずに入れる
・放置すると勝手に炊飯器の電源が切れないか確認

以上が黒にんにくを自宅で作る方法です。参考になれば幸いです。

福岡のニュース&イベント情報サイトCBJ(チェリーブロッサムジャーナル)

福岡のニュースやイベント情報をまとめるCBJ(チェリーブロッサムジャーナル)

サイトでは、福岡県におけるイベント情報からスタートし、福岡の情報を積極的に発信するメディアです。

CBJは、アニメやゲームなどの情報から、子供向けのイベント、一般的に “トレンディ” とされるジャンルの記事の他、グルメなどの情報が掲載されています。

福岡におけるイベントはCBJが網羅しています。福岡に住んでいる方はもちろん、仕事や遊びで福岡を訪れる方も役に立つサイトがCBJです。

仙台で一年中、本格ふぐ料理と豆腐が美味しい店

おのやは仙台市にあるヘルシーな素材の日本料理をご提供する、和食料理のお店です。

当店は、とらふぐ料理を中心として、旬の食材を活かした日本食に、お店で手作りしているこだわりの豆腐料理や、きちんと下処理のした白身魚が主になどを主にご提供しております。

トラフグを扱っている日本食のお店と聞くと、敷居が高いイメージが先行して入りにくいということもあるかもしれません。

お客さまに「おのやの会食を選んでよかった」と思っていただけるにはどうしたらよいのだろう?と考えつつ、お客さまに長く慕われるお店創りを目指しております。

おのや創業から約50年、変わらずに大切にしてきたのは、四季折々の素材の味を活かして調理することと、お客さまのお好みやご予算、会の趣旨などによって、柔軟に対応することです。

例えば、お任せ会席コースでは、とらふぐ料理を中心に料理長がその日に一番美味しいと思うものをご提供しておりますので、その日しか味わえない特別なメニューをご堪能いただけます。

当店名物の豆腐料理はすべてお店で手作りしており、化学調味料などは一切使用せず、天然のだしや厳選した調味料にて調理しております。

例えば 刺身は切って提供する訳じゃありません、普通は魚を切って出す、でもその下ごしらえなどに一手間かけただけで味に違いが出て来ます、水分をとっただけで生臭さが半減します経験と知恵、技があって本当の美味しさに出会えると思っています

とらふぐの他、当店名物のオコゼ料理、季節の食材、自店で仕込みした牛タン、日本各地から仕入れる魚介類など、新鮮な食材を使用した、和食ならではの繊細な味付けをどうぞお楽しみください。

その為ある程度お値段は一般的な和食屋よりは当然高くなってしまいますが、同様な日本料理店と比較するとかなりお値段は低くなる様な努力はしています

お客様の感覚では 凄く高いと思う方と凄く安いと思うお客様と両極端に思われる店でございます(中間の方はほぼ居ません)

内容をみて頂くお客様は凄く安いと思われる様ですし、金額だけを見る方は凄く高いと言う印象を持たれる様です。

おのやでは、主賓であるお客さまの大切なお時間に、美味しいお料理で笑顔と華を添えることができるよう心がけています。

慶事やご法事にご接待、大切な記念日や親しい間柄での会食まで、様々なシーンやお客様のご要望に合わせたおもてなしをご提案させていただきますので、どうぞお気軽にお申し付けください。

仙台で一年中、本格ふぐ料理と豆腐が美味しい店はこちら!

父の日におすすめしたい!厳選ワインはこれだ!

来月6月18日は父の日です。
日ごろの感謝の気持ちを込めて、少し贅沢に父の日をお祝いしたい所です。

さて、最近ブームになっているのが「プレミアム系のお酒」です。
日本酒のブームから始まり、『獺祭(だっさい)』などは特にプレミアム日本酒の一大ブームとなりました。

また、これとは別に焼酎、ウイスキーなど、これまでの量を楽しみ酔うお酒というよりは、質と美味しさを楽しむお酒と徐々に変化しています。

あわせてスーパーやコンビニでもその売り場が急激に拡大しているのが「ワイン」です。
特にチリ産を代表する安価なワインが増えてきたことでワインビギナーが急激に増えています。

SNSでも
#日本酒女子 #ワイン女子などと、女性にも認められつつあるお酒として急成長しています。

父の日のプレゼント向けワインまとめ
としてまとめられた上記の記事は、価格帯別にコストパフォーマンスの良いワインのまとめ記事です。

どうしてもワインと言うと高級なイメージがありますが、気軽に渡せる2千円のカジュアルな価格帯から、一万円ほどの価格帯までをピックアップしてまとめています。

父の日のプレゼントに限らず、ワインに興味のある方にも役立つ記事となっています。
是非ともご覧ください。

クリスマスに飲むべき!1万円未満の本気で美味い赤ワイン ベスト3

wine

クリスマスも目前ですね!
今年は3連休のクリスマス、少し贅沢に過ごしたいと言う方も多いのではないでしょうか?

wine2

クリスマスをお一人で過ごす方やお友達と一緒に過ごすと言う方も増えているなんていう話題もあり、
楽しく豪華に!パーティーやディナーを!とお考えの方もたくさんいらっしゃると思います。

そんなクリスマスに一度は楽しんでみたいお酒が『ワイン』ですね。

ただ、実際にショップや百貨店に行ってもワインはなんだか難しそうで、
お店でもどれを買っていいかわからず、なんとなくたくさん積んであった人気のありそうなワインを買ってしまったと言うことは無いでしょうか。

そういったちょっと贅沢にワインを楽しみたいと言う方に向けて、
クリスマスにオススメのワインを掲載されている記事を見つけましたのでご紹介です。

お値段も豪華に、5千円くらいのものから1万円以下のものまで掲載されていて
おすすめ順にランキング形式で3本紹介されています。

味わいに関してもそれぞれコメントが書かれていて、難しそうですがなんとなくおいしそうですね(笑)

特に注目の1本として、世界一に輝いたワインというのも紹介されていてお値段は高くとも非常に興味がわく記事だと思います。