今、仮想通貨・ラーコインが熱い!別名「ラーメンコイン」!

今、仮想通貨業界において「ラーコイン」という仮想通貨が話題となっています。そのコンセプトは、その名の通り、「ラーメン」。そのことから「ラーコイン」は「ラーメンコイン」とも呼ばれています。

ラーコインが誰のコンセプトで作られたかは不明です。Twitterの情報ではナカモトサトシのように匿名な人と書かれていましたが、ラーコインが話題になってきた最近になって、ビットコインがアップデートをしています。ラーコインはビットコインのブロックチェーン上にあるコインです。運営のラーコイン普及委員会(Society for the Dissemination of Racoin)からは14ヶ国語もの言語でホワイトペーパーが公開されています。ラーメン店は国内では飽和状態ですが海外では増え続けていますので、今後の市場を考えているのがわかります。

ホワイトペーパーでは、「ラーメンはICOではなく、実用性と互換性による普及に重きを置く」と書かれ、「サービスチケットとしてのご利用やトレーディングを見出す」としています。

つまり、「ラーコイン」はラーメン屋のサービスチケットとしての用途として広がります。

またSDR(ラーコイン普及委員会)では「ラーメン屋がクーポンとしてラーコインを配布し、それを客が店に戻り使うと、店のウォレットに返ってくる、その上、また配布したりすることで、ラーコインはラーメン屋においてトッピング同様の価値を見いだせる」とホワイトペーパーに記載しています。

改めて、ラーコインは他の仮想通貨と異なり、「ラーコインを使う」ことに重点が置かれています。

ラーコインはドイツのラーメン屋から始まり、日本でも千葉県の「麺屋MASTERPIECE 勝浦本店」で導入が決定されています。
ラーコインの自由性から、今後とも導入店は増え続けていくと思われます。

太陽光発電の見積もり

太陽光発電を始める際にリスクがどの程度あるのか、利回りが高いのかなどを考える必要があります。

太陽光発電で電力を電力会社に売る際に、メガソーラーと呼ばれる仕組みをつくことで、発電したすべての電力を買い取ってもらえます。国が20年間の買取価格を固定しているため、太陽光発電での投資についていいメリットといえるでしょう。

また、太陽光発電のパネルを管理することも大切です。管理業者に委託することが多いのですが、しっかりと管理ができている事業者を選ぶことが重要です。

太陽光発電への投資において、利回りの計算が必須です。初期投資とランニングコストが必要ですが、それに加えて、日射量から発電量をできるので、今後の投資に役立つことができます。

不動産投資の節税の仕組みとは?

通常、会社員は税金を会社が肩代わりをして払っています。

不動産投資をしている方は、確定申告をして税金を納付していますが、不動産投資で赤字となった場合には、会社から天引きされていた所得税が赤字の分だけ取り戻すことができます。

会社員としての給与と不動産の家賃収入の合計額が1,300万円以上の場合には、新しく法人を立ち上げて、法人として不動産を所有するほうが節税が見込まれます。

相続税としては、現金で持っているよりも、不動産投資をして投資用不動産を購入した方がお得ということになります。

その他、不動産投資はうまく利用できれば、節税が見込まれる効果も発揮します。

個人の所得税の節税の仕組み

個人で行っている不動産投資でも、一定の節税効果を見込むことができます。不動産投資をして利益を得ている方は、自分で確定申告をして、その分の税金を収めますが、不動産投資で赤字となった場合には、会社から天引きされていた所得税が赤字の分だけ取り戻せるのです。

給料と家賃収入の合計額が概ね1,300万円の場合、法人として立ち上げて不動産投資をしたのが良いです。

また個人の相続税では、現金を投資用不動産に組み替えることにより、相続税の計算の基準となっている財産の評価額を約3分の1にまで圧縮できます。

それに加えて、法人の相続税として、法人を成立させたばかりの、株式の時価が低いうちに、株式を子供に譲渡すれば贈与税の額を抑えられます。すでに株は子供のものになっているので、相続税はかからなくなっています。

マンション経営とは?

マンション経営とは、マンションの1室または1棟を購入し、人に部屋を貸して入居者から家賃をもらい、安定した収入を得ることを言います。江戸時代から続く400年の歴史がある方法です。

マンション経営をしたいなら、まずは首都圏の駅から近い物件を買うことをおすすめします。また土地勘のあるエリアで物件を押さえることもおすすめです。

投資用マンションを購入したら管理をしてくれる管理会社に委託し、空室になってもすぐ次の入居者を見つけてくれる管理会社を選びましょう。