Pythonで機械学習・高速情報処理・自動化

Pythonは短いコードで高度かつ複雑な処理を高速に実行できるということで、エンジニアの間でも人気が高くなっています。

多くの方が使っているYouTubeもPythonで作られています。またEvernoteなどシンプルでも多くの情報を扱うWebサービスなど、Pythonで構築されています。

多数の情報を高速処理したい場合にはPythonが重要となっています。

Pythonを使えるようになれば、年収はPHPを扱えるだけの人に比べると100万円から300万円ほども高くなるのも大きな特徴です。

最近では機械学習ソフトを制作するために利用されるともされています。複数の言語を活用すれば、Pythonでできることも大きく広がってきます。

プログラマーって何をするの?

プログラマーは、インターネットなどWebサービスやスタンドアロン(インターネットにつながっていない状態)でパソコンやスマートフォンなどで動作するソフトを作ることが仕事です。

プログラマーといっても、幅広い業種で、ゲームなどを作るゲームプログラマー、Webサービスを構築するWebプログラマーなどがいます。

まずはプログラミングしたいことに対して適切で必要なスキルを身につけることが重要です。

Web開発のできる技術者は現状、ずっと不足していることもあって常にいろんな企業から求人が出ています。

新しい技術でもあるため、まだまだ絶対数が少なく、そして、Webは企業にとって欠かせないツールであることから需要が多く満たされていない状態です。

プログラマー、と聞くととても難しい難解な仕事をしているようなイメージかもしれませんが、決してそうではありません。一部の天才しかできないといったような仕事というわけでもありません。

Webを使われてお分かりと思いますが、おおよそどこのサイトでも決まったような技術を使っています。
アップロードや、書き込み、決済はどなたでも使われていることと思います。

開発する内容としても、おおよそ決まっていることしかやりません。
既存の技術をいろいろ使って、仕様通りのものにしていくという作業なのです。

ですから、一通り学んでしまえば、たいていのことはできるようになります。

Web開発のできるプログラマーはとても重宝されていますし、これからはますます、重宝されるようになることでしょう。
今のうちに、Web技術を学んでプログラマーに転身するのも良いかと思います。

収入も良いため、おすすめですよ!

IT系のブログ・りんログ

りんログでは、IT系を中心とした話題を取り扱うブログです。IT系だけでなくても、運営者が感じた話題などを積極的に取扱いをしています。

また、りんログでは、自宅サーバにてブログを運営しています。ITインフラの勉強をしているとのことで、今後が期待できます。

仮想通貨がまだまだブーム!教えたくない仮想通貨銘柄とは

仮想通貨が依然としてブームです。2017年はその価値が暴騰し、一気に億単位の金額を手にする「億り人」という億万長者が現れたりとニュースにもなりました。

さて、仮想通貨のイメージというと、危ない、ですとか、詐欺みたい、などのイメージをお持ちでしょう。
また、「今更参入しても遅い」という印象をお持ちの方も多いことでしょう。

現在は、仮想通貨に関する様々なニュースを経たことで、怪しい仮想通貨銘柄というものが淘汰されつつあります。
また、全体的に相場は減少傾向で、再び参入障壁が下がってきているという大きなチャンスが出てきています。

仮想通貨は「通貨」ではなく、その技術やシステムに注目が集まっているということは皆さんご存じかと思います。
「使い道がない」のではなく、そもそも我々の一般ユーザーが「使う」のではなく「自然とシステムに組み込まれる」ことを目的にしている仮想通貨システムが多くあります。

今ネットで、密かに話題になっている仮想通貨はADKと呼ばれるものです。
この仮想通貨を一言で言うと「オフショア銀行を立ち上げる」という計画のプロジェクトです。

仮想通貨「ADK(Aidos Kuneen)」の取引所&買い方とは

オフショアというのは海外に口座を持つ銀行のことで、資産家が資産分散のために用いる銀行としてオフショア銀行が存在します。
仮想通貨は原則、改ざんが不可能なシステムですから、銀行システム+仮想通貨のセキュリティで1つのシステムを構築しようという試みのようです。

ADKについては、現在日本国内の取引所で仮想通貨を購入し、その後専用の海外取引所に仮想通貨を送り、その後購入するというややこしいプロセスを踏みます。そのため、プロジェクトとして面白い内容ながら、ほとんどの人が手をつけていないものです。

もちろん、必ず利益が出る、とは言い切れません。仮想通貨は一種の投資であり、余剰資金でやるのが相応と言うのは多くの方が進言していることです。もし、仮想通貨に興味があるが今更・・・とあきらめてしまった方はこちらのサイトをご覧になってはいかがでしょうか。

仮想通貨「ADK(Aidos Kuneen)」の取引所&買い方とは
ADKの買い方、おすすめポイントが図解入りで説明されたブログです。ぜひともご参考ください。

脳が溶けるような面白さ・ASMR

ASMRを一言で日本語として説明するのは難しく、「脳がとろけるように気持ち良くなる現象」を指す言葉とされています。

今回紹介したいのは、オモシロいTV。病みつきになる音動画をまとめており、脳に刺激的な音を聞くことができます。

音フェチにはたまらないASMR。人によって快感を得られる音は違いますが、日常生活において、こんなに快感な音を聞くことは脳にとっても刺激的な体験ができるしょう。

筆者も実際に聞きましたが、マイクから直接、対象となる音を取り込んでいるので、かなり快感です。

Y!mobileを使ってみて

月額使用料などを下げることができると聞き、ソフトバンクからY!mobileへ移行しました。これまで使った限りでは、ソフトバンクに契約していた頃と同じ感覚で使用することができています。値段は安くなり通信速度は変わらずと、はっきり言ってしまえば良いところしかないというのが感想です。ソフトバンクを使っていた頃と比べて悪くなった点は唯一通信量が減ったというものがあります。電車内などで多く使う人にとってはかなり大きな問題なのかもしれませんが、私はスマホを外でがっつり使うようなことはあまり無く、動画などを見るために使うのは家が中心、そして家にはwifiがあるということで、その以前からの劣化も気になることはありませんでした。

格安スマホのおすすめ会社を徹底解説【格安スマホ大学】

大栄機工がてがけるヒューマノイドロボット「SoftBank Robotics/NAO(ナオ)」をご紹介!

みなさん、ソフトバンクのPepperはご存知ですか?すでにPepperはヒューマノイドロボットとして多くの場所で働いていますが、その開発元である大栄機工がてがける2足歩行のヒューマノイドロボット「SoftBank Robotics/NAO(ナオ)」をご紹介!

NAOは25のも関節を活かし、片足でのダンスやサッカーをプレイする動作を行うことのできる2足歩行式のロボットです。

音声認識機能も搭載しており、日本語だけでなく、英語はもちろん、中国語、韓国語、ドイツ語、イタリア語、フランス語などの主要言語をカバーしています。

インターネットに接続し、プログラミングなどにより外部からのコントロールができ、様々な可能性を秘めているロボットです。

いずれは、ドラえもんを超えるのも時間の問題ではないでしょうか。

えとコミクリエイト

■えとコミクリエイト

楽天市場3年連続総合3位を受賞店舗を運営していた会社
が、あなたのネットショップの運営代行をいたします。
1年半までに月商4,500万円まで達成した独自のノウハウ
を活かし、ネットショップ黎明期から他業種の運営をお
手伝いして、200社以上を月商1000万円超え達成に導びく
運営を行った実績があります。
代表の江藤の著書は3冊あり、その他雑誌や新聞にも寄稿
が多数あります。

■ネットショップ運営代行ならこちら
http://etocomi.com/index.html

iPhone・Androidアプリの翻訳

生活必需品となったスマートフォンに欠かせないアプリケーションは日本国内の企業のみならず、海外の企業も日本市場に参入し、厳しい戦いが行われています。

日本で開発したアプリを海外へ、または海外から日本市場に投入という流れも加速してきています。

そんななか、translate appsでは海外のアプリの説明文などを日本語へ翻訳をし、海外のデベロッパーが日本での販売の支援を行っています。