タグ別アーカイブ: タクシー

東京でのタクシー会社でおすすめの企業

タクシードライバーとして転職をするなら、「飛鳥交通」、「東京4社(東京四社)」、「グリーンキャブ」への求人の応募をおすすめします。

飛鳥交通では、他社に比べて給料の歩合が良いことと、企業規模の大きさから安定して働ける信用が大きいことが一番の特徴です。家族で済める寮も完備しており、マイカー通勤や仮眠室などの勤務者向けの設備も整っています。

東京4社の「大和自動車交通」、「日本交通」、「帝都自動車交通」、「国際自動車」では、タクシー券などの発行で、他社のタクシーが目の前に止まっていても、タクシー券の会社のタクシーに乗る方もいます。タクシー券などの発行で、業界トップクラスの利用者数を誇っています。

グリーンキャブでは、未経験者へのサポートが有名で、「配属後1年間の給与30万円保証」は他社の3ヶ月や半年に比べてかなりの長期にわたります。給与は売上げの60%以上という高歩合率で、事故発生時の自己負担額もゼロです。寮を完備、研修や育成期間中ももちろん日給は支給されます。

いずれのタクシー会社でもタクQからの応募で祝い金が支給されます。

タクシードライバーへの転職は年齢不問

タクシードライバーとして転職するのには年齢不問ですということご存知ですか?なかなか知られていないことですが、実は異業種からの転職も簡単で、タクシードライバーとしての経験がなくとも、しっかりとした研修でタクシードライバーとしてデビューすることができるようになっています。

給与は歩合制で、タクシーにいくらお客さんを乗せたかによって収入に直結するとはいえ、社内の研修制度や実際の業務の訓練、会社が受ける配車予約や専用のタクシー乗り場など、すべて一から仕事の内容を自分で構築しなければならない訳ではありません。

気になる第二集免許ですが、教習所に2週間通えれば簡単に取得できるものです。会社が費用面で負担してくれるため、タクシードライバーとして経験がなくても安心して転職ができます。

愛知県のタクシー求人・名鉄交通について

タクシー会社は年齢や学歴、経験などは問わないので、タクシードライバーとして異業種からの転職も可能です!

今回紹介するのは、愛知県の名鉄交通

名鉄交通では、地域の中の信頼が厚く、知名度も高いため、利用者が非常に多くなっているタクシー会社です。

名鉄交通でも、学歴や年齢といったことで求人の応募ができないということはありません。

第一、第三、第四名鉄交通では、お客さんが多くいるエリアを運転してお客さんを拾う「流し営業」のほかに待機営業や自動配車システムの活用、貸し切りや指名制度も導入しているタクシー会社です。

口コミでも、一番お客さんが乗る時間帯に合わせて勤務をすれば、かなり稼ぐことができるといった声が聞こえてきます。

乗務員募集中のタクシー大手の日本交通について

今、タクシー業界では人手不足が深刻化しています。2020年の東京オリンピックを控え、訪日外国人観光客が増加していく中で、タクシーの需要が高まってきているのが要因です。

そのような中、タクシー大手の日本交通も乗務員を募集しています。気になる年収ですが、入社後5か月間月給32万円を保証しており、業界が初めての方でも安心して働けます。入社2年目の平均年収は530万円と給与面でも充実した額となっています。それに加えて、福利厚生も充実しており、

都内ではほぼ毎日、面接会が実施され、24時間いつでもインターネットで手続きができます!

世界都市・東京の基盤を支えるタクシー業界に携わりたいかたはこちらを参照してください!

東京都のタクシー求人

現在働いている業種から転職したいという方におすすめのは「タクシー」業界です。あまり稼ぐことができなさそうというイメージもあると思いますが、実は東京都を拠点に営業するタクシー会社は高待遇で月給も非常に高くなってきています。

まずは東京都の大手タクシー会社4社に応募するのがベストです。というのも、タクシー会社はタクシー券を発行しており、定期的に乗車するお客様がいます。また、タクシー配車アプリを展開しているタクシー会社もあったり、東京都内でのタクシーの需要は高くなってきています。

タクシー会社への転職ですが、東京都のタクシー会社の求人を取り扱っているサイトを見ることをおすすめします。自分に合わせた会社を見つけて、高収入を目指して頑張りましょう!

京都府のタクシー求人情報について

現在、訪日外国人が急激に増えています。もちろん2020年に開催される東京オリンピックもありますが、グローバル化が進む中で、国境を超えた人々の移動が盛んになりつつあります。

もちろん日本の代表的な観光都市・京都でも、海外からの日本への人気が高まるにつれて、外国人観光客が多くなってきています。

京都を訪れる観光客は観光スポットを巡る上で、レンタカーよりもタクシーなどの公共交通機関を利用することが多いです。というのも、京都の寺院などは自家用車が入りにくい場所が多く、近くまでバス・タクシーなどで行き、そこから徒歩でということもあります。

バスを利用するとなると、自分の目的地まで行くバスを選ばなければなりません。バスの路線図を見ても細かい地名が多く書かれており、不慣れな外国人観光客はバスよりもタクシーでの移動が多くなってくると思われます。

その点などから踏まえると、京都でのタクシー需要が以前よりも高まり、タクシー業界での求人が増えてくるのではないかと思われます。

京都府のタクシー求人情報はこちらをご覧ください。