今、仮想通貨・ラーコインが熱い!別名「ラーメンコイン」!

今、仮想通貨業界において「ラーコイン」という仮想通貨が話題となっています。そのコンセプトは、その名の通り、「ラーメン」。そのことから「ラーコイン」は「ラーメンコイン」とも呼ばれています。

ラーコインが誰のコンセプトで作られたかは不明です。Twitterの情報ではナカモトサトシのように匿名な人と書かれていましたが、ラーコインが話題になってきた最近になって、ビットコインがアップデートをしています。ラーコインはビットコインのブロックチェーン上にあるコインです。運営のラーコイン普及委員会(Society for the Dissemination of Racoin)からは14ヶ国語もの言語でホワイトペーパーが公開されています。ラーメン店は国内では飽和状態ですが海外では増え続けていますので、今後の市場を考えているのがわかります。

ホワイトペーパーでは、「ラーメンはICOではなく、実用性と互換性による普及に重きを置く」と書かれ、「サービスチケットとしてのご利用やトレーディングを見出す」としています。

つまり、「ラーコイン」はラーメン屋のサービスチケットとしての用途として広がります。

またSDR(ラーコイン普及委員会)では「ラーメン屋がクーポンとしてラーコインを配布し、それを客が店に戻り使うと、店のウォレットに返ってくる、その上、また配布したりすることで、ラーコインはラーメン屋においてトッピング同様の価値を見いだせる」とホワイトペーパーに記載しています。

改めて、ラーコインは他の仮想通貨と異なり、「ラーコインを使う」ことに重点が置かれています。

ラーコインはドイツのラーメン屋から始まり、日本でも千葉県の「麺屋MASTERPIECE 勝浦本店」で導入が決定されています。
ラーコインの自由性から、今後とも導入店は増え続けていくと思われます。