太陽光発電の見積もり

太陽光発電を始める際にリスクがどの程度あるのか、利回りが高いのかなどを考える必要があります。

太陽光発電で電力を電力会社に売る際に、メガソーラーと呼ばれる仕組みをつくことで、発電したすべての電力を買い取ってもらえます。国が20年間の買取価格を固定しているため、太陽光発電での投資についていいメリットといえるでしょう。

また、太陽光発電のパネルを管理することも大切です。管理業者に委託することが多いのですが、しっかりと管理ができている事業者を選ぶことが重要です。

太陽光発電への投資において、利回りの計算が必須です。初期投資とランニングコストが必要ですが、それに加えて、日射量から発電量をできるので、今後の投資に役立つことができます。

不動産投資の節税の仕組みとは?

通常、会社員は税金を会社が肩代わりをして払っています。

不動産投資をしている方は、確定申告をして税金を納付していますが、不動産投資で赤字となった場合には、会社から天引きされていた所得税が赤字の分だけ取り戻すことができます。

会社員としての給与と不動産の家賃収入の合計額が1,300万円以上の場合には、新しく法人を立ち上げて、法人として不動産を所有するほうが節税が見込まれます。

相続税としては、現金で持っているよりも、不動産投資をして投資用不動産を購入した方がお得ということになります。

その他、不動産投資はうまく利用できれば、節税が見込まれる効果も発揮します。

日経225デイトレ倶楽部

FXなどをやってみたけれど、思ったより稼げないということもありますよね。そんな私もFXではかなりの損を出してしまいました。

今回紹介するのは日経225の銘柄を取り扱う日経225デイトレ倶楽部の入会をおすすめします。

デイトレ倶楽部では、日経225先物ミニ・日経225先物デイトレード・日経225先物トレードに関する情報を配信。誰でも簡単に稼ぐことができます。今まで損をしたのは2名だけなので、信頼性も抜群ですね!

海外FX

久しぶりにFX記事更新します。

FXでは10年前に放送でGFFという人が10万から6億にするという偉業を生放送で成し遂げています。彼はRSIに線を引くというなかなか特殊な手法で6億まで行きました。

私も同じことをしたいです。

しかし、1万につき1枚の資金管理で利食い20pip損切り100pipを50回成功させれば1万から億にいくんです。

これ、、FXをしている方なら意外といけそうだと思いませんか?

これを有利にする3つのエッジがあります。

◇3つのエッジ

1、海外FXでキャッシュバックがつく口座を選ぶこと。

なんといってもまずキャッシュバックがないと話になりません。資金が減る一方になります。こちらのサイトからXMという会社を登録すれば10枚エントリーするごとに600円のキャッシュバックがあります。これにより、破産してもキャッシュバックのおかげで、損を減らすことができます。ということは160枚ポジれば最初の入金の元が取れます。下のバナーからユーザ登録して口座開設すればそれが可能です。

2、資金管理、手法にルールを加えること。

手法は自分が高確率で10pipは順行すると思うところならどこでもいいです。

大事なのは資金管理で月1万までの入金にとどめることを最初はおすすめします。(余裕のある人は10万までにすればもっと確率があがります)

最初のうちは破産しまくりでしょう。しかし、いずれいい勝負ができるようになり、100万まで増えたりもします。その時に一旦半分だけでも出金するといいです。そこまでいけばキャッシュバックだけですでに10万くらいもらえてると思うので、破産しても得してるわけです。

私はトレンドが出ているときの短期線抜けだけをすれば比較的10pipの順行は可能だと思います。あとはそこで、建値に損切りをおけば、キャッシュバック分の利益は確保できますね。

そしてスプも比較的小さいユロドル、ドル円を選びましょう。

3、入金ボーナスがつく会社を選ぶこと。

海外FX業者はよく入金額の30〜100%ボーナスをしています。

そういう業者を選べば、最初のステップの3つくらいをすでにクリアしてる段階から始められます。これは大きいですよね。