不動産投資の節税の仕組みとは?

通常、会社員は税金を会社が肩代わりをして払っています。

不動産投資をしている方は、確定申告をして税金を納付していますが、不動産投資で赤字となった場合には、会社から天引きされていた所得税が赤字の分だけ取り戻すことができます。

会社員としての給与と不動産の家賃収入の合計額が1,300万円以上の場合には、新しく法人を立ち上げて、法人として不動産を所有するほうが節税が見込まれます。

相続税としては、現金で持っているよりも、不動産投資をして投資用不動産を購入した方がお得ということになります。

その他、不動産投資はうまく利用できれば、節税が見込まれる効果も発揮します。