タクシードライバーへの転職

タクシードライバーへの転職はおすすめです。車内で大半を過ごすので、職場の人間関係も意識せず、じっくりと仕事に集中できます。

給与は固定給に歩合制の給与を加えたもので、頑張れば頑張るほど、給与に反映されてきます。

タクシードライバーへの転職の際には、普通自動車免許を取得してから3年が経っていることが前提です。タクシー会社への転職してから、会社の費用で2種免許の取得が可能です。その間、タクシー会社から給与が支払われるため、生活の心配も無用です。

また福利厚生も充実しています。雇用保険 ・労災保険 ・健康保険 ・厚生年金にも対応が可能です。

ハイヤー業界に転職する際には評判をしっかりとチェックする

ハイヤー業界に転職するにあたって、評判をしっかりチェックすることがおすすめです。

現在、インターネットでさまざまなハイヤー会社の求人を探すことができますが、サイトによっては掲載されていないハイヤー会社もあったりします。複数の求人情報サイトを探すのがベストです。

インターネットで情報を集める際、利用する求人サイトの口コミをチェックすることをおすすめします。

それに加えて、転職に関連する様々な情報を集めることが重要となります。すでにハイヤー会社で働いている方の口コミなどは非常に参考になります。

タクシードライバーへの転職の面接ガイド

タクシードライバーに転職を考えている方もいらっしゃると思います。面接に臨む際に、何も準備をしていない場合、戸惑ってしまう場面もあると思います。そのような事態を避けるため、面接の準備はしっかりとしておきましょう。

面接には3つの重要事項があります。

一つ目は「自分の得意な点を経歴書に書く」という点です。タクシー会社は何をできるかというのを重視しています。

二つ目には「タクシー業界で役に立ちそうなところをアピールする」点です。例えば、接客経験があればタクシードライバーになるにあたって非常に役に立つ経験といえるでしょう。タクシー会社も良いイメージを持つと思います。

最後に「端的にわかりやすく経歴書には書く」ところです。経歴書にはフォーマットがないため、長々と自信の経歴を書いてしまうと、タクシー会社から「何を伝えたいのかわからない」という印象を頂き、選考から外してしまう場合もあります。タクシー会社からわかりやすい点を端的に書くのがベストです。

タクシードライバーへの転職は3つのコツを重視するのがベストです。

愛知県のタクシー求人・名鉄交通について

タクシー会社は年齢や学歴、経験などは問わないので、タクシードライバーとして異業種からの転職も可能です!

今回紹介するのは、愛知県の名鉄交通

名鉄交通では、地域の中の信頼が厚く、知名度も高いため、利用者が非常に多くなっているタクシー会社です。

名鉄交通でも、学歴や年齢といったことで求人の応募ができないということはありません。

第一、第三、第四名鉄交通では、お客さんが多くいるエリアを運転してお客さんを拾う「流し営業」のほかに待機営業や自動配車システムの活用、貸し切りや指名制度も導入しているタクシー会社です。

口コミでも、一番お客さんが乗る時間帯に合わせて勤務をすれば、かなり稼ぐことができるといった声が聞こえてきます。

乗務員募集中のタクシー大手の日本交通について

今、タクシー業界では人手不足が深刻化しています。2020年の東京オリンピックを控え、訪日外国人観光客が増加していく中で、タクシーの需要が高まってきているのが要因です。

そのような中、タクシー大手の日本交通も乗務員を募集しています。気になる年収ですが、入社後5か月間月給32万円を保証しており、業界が初めての方でも安心して働けます。入社2年目の平均年収は530万円と給与面でも充実した額となっています。それに加えて、福利厚生も充実しており、

都内ではほぼ毎日、面接会が実施され、24時間いつでもインターネットで手続きができます!

世界都市・東京の基盤を支えるタクシー業界に携わりたいかたはこちらを参照してください!

第二新卒の転職と新卒の就活を成功させるWebメディアのご紹介!

第二新卒の転職と新卒の就活では、多くの情報を入手し、時と場に応じてそれらの情報を活用することが求められます。

多くの場合、求人サイトにて企業の情報を得ることが多いですが、第二新卒の転職と新卒の就活を成功させるWebメディア
「ジョブアピ」では、様々な企業を訪問し取材した記事が掲載されています。

もっとも、「ジョブアピ」を積極的に読むことで、ターゲットの業界のみならず、他業界での情報を得ることにより、面接やESなどに反映させることができます。