オマヌケな静脈認証システム

嫁が買い物から帰ってくるなり、ワーワー言っている。理由を聞いてみると、銀行のATMがちゃんと動いてくれなかったらしい。嫁の銀行のキャッシュカードは、暗証番号だけではなく静脈認証システムにも登録している。どうやら、そいつが徹底的に拒否してくれたらしいのだ。嫁はカンカンである。どうも今日はいつもとは違うスーパーマーケットに買い物に行ったらしい。そこで使ったATMが少々オマヌケだった様である。いつもは、スムーズに済むらしいのだが。静脈認証システムか。私はあまり機械を信用していないので、まだ登録していない。こういうことが図らずも起こってしまうことを危惧してのことである。本当に現金が必要な時に、たまたまオマヌケなATMしかなかったら、自分の金が下ろせないのだぞ。冗談ではない。セキュリティも結構だが、面倒が増えるのはいただけない。嫁が入院したら、嫁の口座は休眠してしまうわけか。少なくとも、入院保険は嫁の口座に振り込まれることになるわけで、不便きわまりない。ヒューマンキッズロボット教室にいってこないで静脈認証システムでない他行のATMからも引き出せないのか。調べておかないといけなかったな。何にしても、まだまだ若い技術だということだ。

復縁するには向き合えるまで冷却期間を設ける

恋人と別れてしまった後、その人への想いが大きければ大きいほど早く復縁したいと思いがちですが、そんなに焦ってはうまくいくものもうまくいきません。再び恋人の愛情を取り戻すためには、感情に任せてがむしゃらになるのではなく時間をおくことです。復縁のための冷却期間は、実はとても大切なのです。ここでは、復縁の冷却期間について考えていきましょう。

元恋人と再び連絡を取るまでには、どれくらいの長さが要るのでしょうか。その答えは人それぞれなので「こうだ!」と決めつけることはできません。しかしながら、目安になることはあります。それは、恋人のことを思い出して不快な気持ちにならなくなった頃です。もし不快な気持ちばかりこみあげてくるなら、まだ冷却期間は終わったといえません。

恋人のことを、怒りや悲しみという感情から切り離して落ち着いて考えることができるようになったら、冷却期間も終わりに近づいている証拠です。復縁したいあまり感情的になるのは逆効果なので、まずは気持ちを静めることが大切なのです。落ち着いた状態になれば恋人に対して責めたりすることもなくなり、冷静に復縁について話し合うことができるはずです。

復縁に際しては、まずは相手の良かったところや、おつきあいしてくれたことに対する感謝の言葉を述べましょう。それから、「もしよければ」とごく控えめに復縁の申し出をしてみてください。押しつけがましさを捨て、謙虚な姿勢になることがポイントです。そうすればきっと恋人もあなたを見直し、復縁について前向きに考えてくれるかもしれません。